レイクでお金を借りる方法

常に借り入れをする生活習慣

 

学生を卒業した頃に一人暮らしをしていましたが、そのときに何度も遊んでいた友人がいます。その友人は、趣味のゴルフ用品にひたすらお金をつぎ込む癖があって、多くのゴルフクラブを所有しているのに、気がついてみたら新しいゴルフクラブを買っていたという事が何度もあったのです。

 

それほど、高給取りの仕事でもなかったので、お金が足りない時には即日キャッシングをして借りていることがあったのです。そこまでして買う物でもないと思ったので、私が何度か指摘をしました。

 

しかし、キャッシングでお金を借り買い物をする癖は、いつまでも抜けませんでした。ですが、給料日が来ると全て返済していたようなので、返済額が膨れあがるといったことはなかったのです。

 

そのような友人を見ていたら、自分の好きな物を買って生活するのも悪くない事だと思ったのです。月末に足りない分はキャッシングで借りてしまい、常に優先して返すことを怠らなければ、普通に生活する事は可能であると分かったのです。

 

借金をする人はダメな人?

 

私は昔から借金をする人はダメな人だと思っています。
なぜなら私の父親が昔、消費者金融で多額の借金をしていて母や祖父母にかなり迷惑をかけていたからです。
母には小さい頃から「お父さんみたいに借金する人は最低な人。
困っても借金なんてしてはいけない。」と教えられてきました。
キャッシングをした父親のせいで私は夫婦喧嘩を毎日のように見て母が悩んでいるのも見てきました。
その頃はとても辛かったのを覚えています。
なので私は借金をする人はダメな人だと思っています。
私は自分が困っても消費者金融ではぜったいに借金をしないと決めています。
父親のように家族に迷惑」をかけたくはないですし、自分が軽蔑しているような人になりたくないですし。

 

お金を借りるという事について

 

お金を借りるという行為についてですが、個人的にはその用途によると思います。
お金を借りるという事は単純に欲しいものが手持ちのお金を上回っている、という事であると思います。
例えば、家や車といった高額なものを購入する場合は一般的に多いケースですので特に問題は無いと思います。
ですが、ギャンブルといった手元に残らないものの為にお金を借りるのは避けた方が良い様に思います。
ですが、これらについては個人の価値観の問題でもありますので、結局は自分意思に委ねられる様に思います。
例え、ギャンブルの為に借りたお金で失敗し、多額の借金を背負ったとしてもそれは自己責任ですので仕方が無いことだと思います。
ただ一つ言えることはお金を借りて自分が後悔しない使い方をする、という事が大事であると思います。

 

郵便物が来ないカードローンがある?

 

どうしてもお金がなくて困ったときに、カードローンのお世話になりたい場合があると思います。
しかし、お金を借りたときにはどうしても通知が来るので、お金を借りていることを知られたくないという場合には、ちょっとお金を借りるのをためらってしまうこともあると思います。
 最近では、法律の改正によりカードローン利用時の通知が省略化され、電子メールでの通知でもよくなったので、基本的にカードローンを利用する際には郵便物が来ないタイプの商品も増えました。
 三井住友銀行や住信SBIネット銀行のカードローンなどは、契約してから郵便物が一切届かない仕組みになっています。
必要な通知は届け出ている電子メールに発送される仕組みになっているので、安心してカードローンを利用することができます。

 

会社の互助会でお金を借りる

 

お金を借りたいと困っている人がいたら、一度勤めている会社の互助会など、社員団体の行っている業務を確認してみましょう。
 会社などの互助会では、結婚や出産、子息の入学などの際に祝い金を支給してくれる業務を行っていることがありますが、その際に低利な貸付を行ってくれる場合もあるのです。
もちろん用途などを必要に応じて報告しなくてはなりませんが、それさえできれば、安心してお金を借り入れすることが可能です。
 あと、あなたの会社の互助会がお金の貸付を行っていなくても、互助会が参加している上部サービスや別の提携サービスなどを確認すると、一般より安価でお金を借りられるサービスが利用できることもあります。
会社の互助会は案外サービスが充実しているので、この機会に確認してみてください。

 

車が壊れてしまったのでお金を借りました

 

山に車で旅行に行ったのですが車が急遽壊れてしまいました。
そんなときにコンビニからお金を借りたのです。
ロードサービスを頼むにしてもお金が必要ですから借りなければ帰れません。
こんな際にも手持ちの現金のありがたみをひしひしと感じつつお金を借りたから助かったのです。
借りられなければどこに助けを求めていいのかもわからず危険もあったのです。
食料がある内はいいですがそうでなければ人気も少ないような山の中で助けを待つことになります。
それでは運任せすぎるし移動できる体力のある内にお金を借りて正解でした。
危機回避能力は日々高まっておりますから乗り切るためにはお金を借りればなんとでもなるのです。
ほとんどお金があれば解決できることばかりでした。